万年筆軸について 

蒔絵

漆を使用して装飾をする漆芸の一種を蒔絵といいます。
蒔絵(まきえ)とは、その名前のとおり『蒔く(まく)絵』という言葉から起こり、下塗りや絵付け、色付けなどの後に金粉を蒔いて散らし、立体感や豪奢なイメージを出す工程のことを指します。
また、これらの工程の前の下塗り、後の上塗り次第で全体の出来栄えに大きな影響をもたらし、上塗りの後の研ぎ出し(とぎだし:表面を研ぐことにより平滑にする)工程が最終的な作品の巧拙を決定します。
なお、装飾として金粉以外に箔や切り金(きりがね:箔よりも厚みのある板状の材料)を使用する平文(ひょうもん)技法や、卵殻(らんかく:白の色を表現する為にうずらや鶏の卵を細かく刻んだもの)、夜光貝やアワビなどの貝を埋め込んだ螺鈿細工などは技法としての蒔絵とは区別されます。
また、作品の表面を掘り込み、その部分に粉や箔を落とし込む沈金とも区別されています。


  

商品はこちらからご覧頂けます

海外の方が磁器をCHINA(シナ)と呼ぶのに対して漆をJAPANと訳すほど漆は我が国を代表する素材といえます。
漆の語源は『麗しい(うるわしい)』とも『潤し(うるおし)』とも言われ、7000年ほど前から存在し牛馬とともに古来から生活にはなくてはならないものでした。
漆の液に接着力があることから、椀などの食器の保護や強化、形状の安定の為の大切な材料だったといえましょう。
漆の木から採りだせる褐色の樹液が漆であり、この樹液に多孔質の珪藻土を混ぜ、器や家具などとの密着を強めることで長持ちのする日用品に作り上げています。輪島(現在の石川県の)や根来(現在の和歌山県)に代表される様に毎日使用する食器などに布をあてがい、それを漆で固めて強くする布着せと呼ばれる技法も現在でも踏襲され、その耐久力の証とされています。
漆の木は高湿度の地域で育成されることから、中国や日本のみならず東南アジア地域でも豊富に採集がされていますが、漆が採取出来る様になるまでには植付後8-9年を要します。
このことから近年では、日本でも量が見込めなくなったことから下塗りには中国製の漆を多用することになり、良質に精製した日本製は日用品には余り出回らなくなっています。(精製と濾過をした漆を生漆(きうるし)と読んでいます。)
この原料(生漆)に一般的には顔料を混ぜることで黒や朱の色漆が出来上がり、接着剤としてのみならず着色や装飾が出来るようになりました。
塗りたての漆の表面は、この漆の中の成分であるウルシオールが褐色であることからやや暗めの色合いになりますが、大気や紫外線に触れていくことで徐々に透明化して本来の色が鮮やかになって参ります。
また同時に漆が硬化していくことで、表面が強くなります。
たとえば正倉院に代表されるいにしえの収蔵品が今でもその形を留め、色も鮮明さを保っているのはこの為といえましょう。
(但し、紫外線に触れすぎると漆が劣化してしまいますのでご注意が必要です。)

秀吉からこの地を任された際に漆を産業として町おこしをしました。
氏郷公は、前任の地である近江の国(現在の滋賀県)から、木地師と呼ばれる木工職人の多くを招聘し食器や仏具などの実用品の生産を主体に同地の産業化を推進してきた訳です。



商品はこちらからご覧頂けます

加賀蒔絵
加賀蒔絵は加賀前田藩百万石を興した初代前田利家公の殖産振興策の一環として始まりました。
位置付けとしては大名の婚礼品や印籠、茶道具などの豪華で華麗な美術品として着手がなされ、北陸地方において九谷焼や輪島塗と合わせ著名な伝統工芸として位置付けられています
この為一品製作が多く、蒔絵の技法も高蒔絵など贅沢に金を使用したものが現存しています。

プラチナ万年筆では、全国の著名な蒔絵をそのそれぞれの優秀な技法や作例を元にモチーフを厳選して蒔絵万年筆に仕立てております。
加賀蒔絵には、大下宗香(雅号;宗香)氏との話合いの中から決定した仕様にもとずき、氏の作風の中で一本一本の生産・仕上げを永年委託しております。


商品はこちらからご覧いただけます

鱗紋(うろこもん)
ご覧頂いています様に、三角の柄を敷き詰めたこの模様は、古来より棗などの茶道具に好んで用いられたものです。
ひと言で鱗紋と申しましても色々な模様がありますが、プラチナ万年筆ではこの柄を利用して蒔絵や螺鈿(青貝)など多種に亘る材料できらびやかさを演出致しました

商品はこちらからご覧頂けます

カーボンファイバー
およそ5ミクロン単位の炭素繊維を織込んだカーボンシートを積層、成形させ、クリアーコートで美しく仕上げたカーボンマトリックスボディとアルミロジウムメッキが織りなす気品と風格、25g以下という超軽量万年筆は、軽さを芸術にまで高めた革新の逸品です。
今回主要素材として採用した東レ株式会社製の高性能炭素繊維は重さが鉄の1/4、重量比強度は10倍で航空機、宇宙ステーションなどに導入が進むまさに最先端の素材です。ミクロン単位の炭素繊維の織目は、光の向きにより、変化しながら奥深く美しい輝きを放ちます。


商品はこちらからご覧頂けます

ブライヤー
ブライヤーは、地中海沿岸地方原産のエリカ・アルボリアというヒース科の落葉低木です。
パイプやステッキの柄にも使われるため、熱に強く硬いという特徴があります。
25年〜100年を経た株の塊状のこぶ(burl:バール)を使い、万年筆を作ります。
木目の美しさに人気があり、使うほどに光沢が出て、愛蔵の1本になります。
プラチナ万年筆ではこの部材を薄く成型し、軸のすべてがブライヤー(除くカバー部分)としています。
よくご覧頂きますと、その天冠部分の小さい部分までアール(曲面)加工を施しており、
時々店頭において、メーカーの技術者の方からその製法について不思議がられるほどです。



商品はこちらからご覧頂けます

セルロイド
セルロイドはペンに限らず工業生産品に使用される以前にその発色の綺麗さからプラスチックが発明されるまで当用された材料です。
積層されたセルロイドの原反をスライスして板状にした材料を一本一本巻いてパイプ状にしたものをペンの形に成型しています。
セルロイドの材質としての性質から、一工程毎に乾燥等の工程をトータル半年掛けて施しています。
一般のセルロイド等のペンですと、約2cm四方の角材を旋盤等で切削(くり抜き)していますが、私共ではこの様に巻く独自の方法をとり続けています。
これが為にシームライン(巻いている合わせ目)がボディーにでますが、逆に言えばこれが独特な製法の証しです。
この方法ですと、金魚の様な柄の場合、切削製法にある柄の切れ目がなく均一で美しい表面が得られます。
また、その天冠や軸の先端にまでアール(曲面)加工を掛けて、ペンの全てがセルロイドで覆われる様に部材のひとつひとつを仕上げています。
製造工程の一部は子会社中屋万年筆のページにてご覧頂くことも出来ます。



セルロイド万年筆はこちらからご覧頂けます
セルロイドボールペンはこちらからご覧頂けます
セルロイドシャープペンシルはこちらからご覧頂けます

革巻き
昭和41年に初めて筆記具に本革を巻いた万年筆''プラチナ・シープ''をご案内してから
曲面のきついペン軸に本革巻き加工をする技術を蓄積してきました。
革のベースとなる軸に特殊加工を施したこと、また巻いた革の継ぎ目が極小化する製法等末永くご愛蔵頂くために必要な要素を備えた逸品となりました。
尚、多機能筆記具のこちらの商品は、牛のヌメ革を軸に展開しています。
ヌメ革とは、タンニンなめしで仕上げた牛革のことを指します。
タンニンなめしは、渋なめし、植物なめしとも言われます様に植物より抽出した原料でなめしたもので、鉱物を原料とするクロームなめしと区別され、植物の樹皮や葉などに含有しているものです。

古来からその製法が確立された伝統の方法といえ、動植物由来の自然素材といえましょう。
この製法により自然の皮革製品の質感である動物のシワ目や濃淡がより忠実に表現され、また手入れ次第で色合いや風合いが変化していくことで知られています。

プラチナでは、この革の最も美しい部分のみをペンに採用しておりますが、自然素材故に一品一品が微妙に異なり、それもお楽しみ頂ける部分かと考えています。
他方、天然のものである為、ご使用前や保管の際に革に残っている成分が白い粉状に噴いているものが偶に見られますが、これらも自然のものであるが為のことで、これらは木綿の布に水をしみこませた後、固く絞ったもので柔らかく拭き取ることで取り除くことができます。
付き合い次第で愛蔵の逸品になります。どうか可愛がってあげてください





革巻きの複合筆記具はこちら(10,500円) 又はこちら(5,150円)からご覧頂けます

超極細
プラチナ万年筆のペン先ラインナップの中で異彩を放つのが、このペン先です。
もちろんスターンダードは中字ですが、海外ではneedle pointとも呼ばれ文字通り針のような細さです。その細さ故にカリカリとした筆記感はありますが他にはない独特の筆記が得られます。
また海外では人気のある趣味としてカリグラフィーがありますが、本当のカリグラファーはペン先にスリットが二本切られたMUSICペンよりもこの超極細を使用し、ペン先の太さを筆圧により書き分けています。
私共の工場におきましても、MUSICペンと共に最も手で加工する部分が多く手間の掛かりますが、愛用者がいればこそのアイテムとなっています。

該当商品はこちらからご覧頂けます。又#3776シリーズの『バランス』にも超極細のペン先がございます。   

インク(ブルーブラック)
ブルーブラックインクは、日光や湿気によって褪色しない上、耐水性も高く、永久保存の記録に最適、とその優秀性はインクの中でも秀でています、また固まると水では落ちない、という性質もあります。
筆記当初も滲みや紙の裏抜けが少ない独特の特長があり、当初は公文書などの長期保存用インクとして発売されていましたが大手メーカーでは、取り扱いを終了しており現在に至っております。

このインクの起源は2世紀にまで遡り、広く普及したのは12世紀です。当初は木の実や樹液を原料に作っていて、16〜17世紀にはカビ防止剤としてワインやビールにも入れられていました。現在のインクは19世紀に完成しました。
その製法は、ブルーブラックインクは、ブルーとブラックのインクを混ぜたインクではなく、第一鉄イオンが酸化して第二鉄イオンになり黒色沈殿を生じる酸化作用を利用しており、これに染料や酸を加えて書きやすくしています。
このようにブルーブラックインクは、『青みがかった黒色』であるとか、『黒味がかった青色』であるなどの色目のことではなく、筆記当初はブルーですが、年月の経過と共に染料の青い色の部分が退光した為、その後に混合している鉄の黒い部分のみが紙面に固着して残存していることでブラックになるという、長期保存性を維持している機能を指しています。
当初はブルーで年月経過後にブラツクに変化するという訳です。
濃紺の深い色目がこのインクによって得られる個性ともいえましょう

カーボンや顔料を使用している他の色のインクとは色定着の仕組みが異なるのです。文字の耐年性はこのブルーブラックの成分に起因しています。
お扱いの上では、ビン入りの場合は蓋を解放して置いたり、古くなったりすると酸化してタンニン鉄化合物の沈殿が生じることに注意してください。スペアインクの場合も固まると水に溶けない性質があることから、定期的(3〜4カ月に1回)に、クリーニング(水洗い)を行ってご使用ください。
水溶性ですが、固まると水では落ちない、という性質もあります。スペアインクの場合も固まると水に溶けない性質があることから、定期的(3〜4ケ月に1回)に、クリーニング(水洗い)を行ってご使用ください。
 



部品図

MWB-1000Cは、1,000円の商品なのに下の写真のように多数の部品点数(32点 )があります。



MWBP-3000は、伸び縮みのシャープペンシル付きの複合筆記具です。
伸ばしてさらに回してシャープペンが出て、芯をノックで出す!という作動に対して、
こんなに小さなパーツ=部品点数(35点)が集積されています。