プラチナトップページへ     English
トップページへ 最新ニュース 掲載記事一覧 会社概要 全国お取扱店 人材募集中 窓口の御案内

平成28年5月9日
職人の最高技術を施した万年筆ブランド「出雲」から
「倶利伽羅剣(くりからけん)」を新発売。

炭粉高蒔絵技法で「倶利伽羅龍王」が大剣を飲み込む逸話の 情景を万年筆軸に表現しました。


プラチナ万年筆株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役 中田 俊也)では、2016年5月10日(火) 職人の最高技術による万年筆ブランド「出雲」の新商品として、炭粉高蒔絵「倶利伽羅剣」を発売します。 技法は、一般的な漆の高蒔絵(※1)とは異なり、炭粉を幾重にも盛り上げる大変工程数の多い炭粉を使った 高蒔絵で、「倶利伽羅龍王」が大剣を飲み込む逸話を万年筆軸に描いた逸品です。


●龍の絵柄……高蒔絵技法の一つ「炭粉上げ」で、細かい炭粉を幾重にも盛り上げて立体感を出し、黒漆を刷り込んだ後、艶やかな黒蝋色漆(くろ ろいろ うるし)で表現。艶消しの背景に龍を表現する事は難しい技法ですが、使い込む程に龍の表情に艶が増し表面の変化をお楽しみ頂けます。
●大剣の絵柄……銀の高蒔絵の上から「黒刷り込み」を施し、研ぎ仕上げで再び銀を浮かび上がらせました。 龍と大剣のコントラストで圧倒的な存在感を醸し出す絵柄として「倶利伽羅剣」は完成します。


<倶利伽羅剣とは>
不動明王が魔王と神通力比べをした際、巨大な大剣に変化したところ、対する魔王も同じ大剣に変化しまし た。不動明王は龍(倶利伽羅龍王)となり、魔王の剣を呑み込もうとし、その吐く息は数万億もの雷が一斉に轟くほどの凄まじさであったため、魔王は驚いで降伏しました。「倶利伽羅剣」はまさにそのシーンを、ボリュームのあるボディー表現しています。
(※1)高蒔絵:透明な漆に油煙などを混ぜ肉厚に盛りあげ、その上に金や銀の粉を蒔いて固めたもの。




 
品番 PIZ-120000K
●価格 120,000円(税抜)
●軸色   #1クリカラケン
●ペン先   大型18 金ペン(18-21)ルテニウムフィニッシュ
(細字・中字・太字)
●商品仕様 胴軸、キャップ:エボナイト軸に炭粉高蒔絵
クリップ:ベリリウム銅にマットルテニウムフィニッシュ
グリップ:AS 樹脂
●サイズ 全長154mm(筆記時全長134mm)最大径18mm
重量 33.7g
●付属品 倶利伽羅剣専用桐箱
ブルーブラックインク 30cc
ブルーブラックインク 1ヶ
コンバーター-700(倶利伽羅剣 限定仕様)
筆衣(万年筆袋)









[お客様お問合せ先]
プラチナ万年筆株式会社
お客様相談係 フリーダイヤル 0120-875-760