プラチナトップページへ English
トップページへ 最新ニュース 掲載記事一覧 会社概要 全国お取扱店 人材募集中 窓口の御案内
◆CENTURYの特長

1.「スリップシール機構」(特許取得済 登録番号 第5637515号)により、万年筆では当たり
 前とされてきた、しばらく使用しないと、インクが乾いて書けなくなるという問題を解決。

2.「スリップシール機構」により、耐水性、耐光性が高いが固まりやすい顔料インクも安心
 して使える。


   
◆ブラックインブラック


Black in black

ペン先:大型14金

メーカー希望小売価格 10,000円 (税抜)

   
◆ブラック


Black

ペン先:大型14金ロジウムメッキ

メーカー希望小売価格 15,000円 (税抜)

   
◆ブラックダイヤモンド


Black Diamond

ペン先:大型14金ロジウムメッキ

メーカー希望小売価格 15,000円 (税抜)

   
◆ブルゴーニュ


Bourgogne

ペン先:大型14金

メーカー希望小売価格 10,000円 (税抜)

   
◆シャルトル・ブルー


Chartres Blue

ペン先:大型14金

メーカー希望小売価格 10,000円 (税抜)

   
◆シャルトル・ブルー


Chartres Blue

ペン先:大型14金ロジウムメッキ

メーカー希望小売価格 15,000円 (税抜)

   
◆ニース


NICE

ペン先:大型14金ピンクゴールドフィニッシュ

メーカー希望小売価格 20,000円 (税抜)

   
◆ニース ピュール


NICE PUR

ペン先:大型14金ロジウムメッキ

メーカー希望小売価格 20,000円 (税抜)

   
◆山中


Yamanaka

ペン先:大型14金ロジウムメッキ

メーカー希望小売価格 20,000円 (税抜)

プラチナ #3776シリーズとは

 名称は、日本最高峰の品質を目指し、富士山の標高を表わす数字にちなんでつけられました。
ベースになった万年筆は、昭和53年、作家で万年筆コレクターの、故梅田晴夫氏が中心とする研究グループとともに「理想の万年筆」を目 指して開発したプラチナ#3776。梅田氏は30年間、月平均180 枚の原稿を万年筆で筆記し、1,000 本にも及ぶ万年筆コレクションの中から導き出した条件を実現させた万年筆です。
富士山の標高を製品名に取り入れた事でもおわかりい ただけるように、日本を代表する美しい日本文字のための万年筆です。この#3776 も発売から現在まで改良を重ね色々な意見を聞きながら 技術を蓄積してきました。

プラチナではこれらの問題を解決するべく5年前から取組み、子会社の 中屋万年筆に集まった約4万件の筆記特性データをもとに、ペン先とペン芯の相性を合致させるべく試作を繰り返して参りました。 その間、団塊の世代の方々の間での万年筆ブームによる既存商品の生産強化などで一時開発を停止せざるを得ない状況などもありましたが、 この2〜3年の間に、万年筆製造に拘わる殆ど全ての設備を新調、 また現在の本栖・センチュリーと続く新しい#3776も、ペン先・ペン芯は おろかボディーに至るまで、クリップ以外は全て新しいデザインによる 新しい金型投資による完全に生まれ変わった万年筆です。


商品仕様

商品名 #3776 センチュリー
商品番号 PNB-10000
価格 メーカー希望小売価格 10,000円 (税抜き)
軸の色 #1 ブラックインブラック
ペン先 14金ペン 
ペンポイント 超極細、極細、細字、細軟、中字、太字、極太
詳細仕様
ボディー、キャップ、天冠 、グリップ AS樹脂
クリップ ベリリウム銅にゴールドフィニッシュ
中間リング 黄銅にゴールドフィニッシュ
その他リング類 黄銅にゴールドフィニッシュ
寸法 全長139.5mm×最大径φ15.4mm
標準重量 20.5g
附属品 インクカートリッジ ブルーブラック1本
パッケージ ハコ-C1MO(全品箱付)
オプション コンバータ及びプラチナインク
名入れ箇所/方法 グリップ・ボディー・キャップ/手彫り、ボディー・キャップ/シルク印刷・パット印刷




万年筆とお揃いのボールペン・シャープペン・多機能ペン




インクの乾燥を防ぐ「スリップシール機構」を新たに組み込んだ革新のキャップ。 書き味を左右するインクの流動を見直し開発された新ペン先。1919年創業から約一世紀。培われた伝統とたゆまぬ技術の集大成 としてここに「熟成の#3776《センチュリー》」誕生。書く喜びを追求しこれからも進化し続けます。  
「#3776 センチュリー」。 現代に合った素晴らしい万年筆とは何か、外観のデザイン、心地良い筆記バランス、書き味、 スムーズなインクの流れ、最大の欠点とも言えるインクの乾燥を防ぐことが出来ないかを検討し、全てのパーツを新たに設計し誕生。

◆「スリップシール機構」とは

 従来の万年筆はペン先をカバーし気密構造にした場合、キャップの開閉でポンピングと云われるインクの噴き出しを起こし、 これを防ぐことは極めて困難とされていました。通気を持たせる開放構造にするしか方法が無く、次の問題がありました。

1. インクの水分が蒸発し、だんだん濃くなり、かすれ気味になる。  
2. 3 〜 6 ヶ月使用しないと、乾燥して書けなくなる。  
3. インクの水分が揮発して染料分が内部構造にこびり付き、 インククリーナーセットによる洗浄が必要になる。
最悪の場合、メーカー宛に修理(分解して洗浄)を依頼しなければならなくなる。
 

 プラチナ万年筆では、万年筆では当たり前とされてきたこの問題を、お客様の立場に立って原点に戻り、なぜできないのかを 突き詰め、この課題に取り組みました。
 回転ネジ式キャップで初めて耐久性を考慮した完全気密キャップ「スリップシール機構」を実用化する事により、プレピー万年筆プレジール万年筆のスナップ式に続き、実用化困難とされていた回転ネジ式キャップの高級万年筆でも完全気密を可能にしました。
(特許取得済 登録番号 第5637515号)





顔料インクと染料インクの耐光性および耐水性の比較

上記のように、弊社の顔料インクは色あせることなく、学生のみなさまが卒業されて10年間が経過しても書いた文字がしっかりと残ります。
そして20年後には、責任ある立場になり難しい決断を迫られる時が来るかもしれません。そんな時、このケースを開けて、プラチナの顔料インクでしっかりと書かれた 当時のメッセージを読み返し、勇気を取り戻していただけることでしょう。
まさにタイムカプセルのように、卒業生のみなさまの思い出を大切に、いつまでもあせることなく保存いたします。




顔料インク製品

カートリッジインク (1.2cc)

1.黒 4本入り


2. ブルー 10本入り


ボトルタイプ(60cc)

カーボンブラック     ローズレッド ブルー ブランセピア  
染料インク製品

カートリッジインク (1.2cc)

10本入り

ブラック レッド ブルーブラック  

ボトルタイプ (30cc)


Mix Free (ミックスフリー)
お好きな色を自分で作れる (60cc)




インククリーナーキット

万年筆のインク詰まり解消。インク色変更にも使えるインククリーナーセット。


         
北海道札幌市
丸善&ジュンク堂
大丸DP札幌店
コーチャンフォー美しが丘店
北海道北斗市
石田文具
北海道釧路市
中山茶紙店
     
     
       
滋賀県
スミ利文具店
奈良県
多磨屋 近鉄奈良店
大阪府
ナガサワ文具センター 梅田茶屋町店
大阪タカシマヤ
紀伊国屋 梅田本店
兵庫県
ナガサワ文具センター
広島県
本通ヒルズ店
 
青森県弘前市
平山万年堂
秋田県秋田市
アウフヘーベン
鰍ニみや
宮城県仙台市
TOTO'S赤井沢
群馬県前橋市
スズランデパート
群馬県太田市
ジョイフル2 新田店
群馬県高崎市
高崎タカシマヤ
埼玉県
伊勢丹浦和店
千葉県
浅野書店
船橋東武


東京都
小田急 町田店
シモジマ浅草橋五号館
京王アートマン聖蹟桜ヶ丘
世界堂 新宿西口店
世界堂 本店
竹宝商会
多慶屋
嶋屋ネットショップ
日本橋タカシマヤ
伊勢丹 新宿店
三越本店
有隣堂アトレ恵比寿店
マルイ
福岡県
蔦屋書店 イオンモール筑紫野
とうじ 福ビル店
長崎県
石丸文行堂
大分県
トキハ
デサキデポ さわだ店
熊本県
甲玉堂
 
       
   
静岡県
大丸松坂屋 静岡店
吉澤
文具館コバヤシ豊田店
四葉商会 新静岡店
愛知県
JR名古屋高島屋
オリンピア
ブングマン
清水屋藤ヶ丘店
清水屋春日井店
タテ梶@ウェブショップタテ
タテ梶@ナークションアマゾン
神奈川県
有隣堂厚木店
有隣堂藤沢店
かわしま
事務キチ 藤沢店
有隣堂本店
有隣堂川崎BE店
丸善 ラゾーナ川崎店
山梨県
山梨万年筆商会
長野県
ながの東急百貨店
万年堂
   

[お客様お問合せ先]
プラチナ万年筆株式会社
お客様相談係 フリーダイアル 0120-875-760